Webサイトの訪問者に対して簡単にチャット機能を設置できるサービス「チャネルトーク」とSTUDIOが連携しました。この連携により、STUDIOサイトにも簡単にチャネルトークを埋め込めるようになりました。

チャネルトークとは?

チャネルトークは2017年の正式ローンチ以来「答えは顧客にある」というモットーのもと、13,000社以上のユーザーに プログラミングが不要なチャットサービスを提供してきました。利⽤ユーザーはアパレルECから法⼈向けクラウドサー ビス(BtoB SaaS)まで多岐に渡っており、操作性やデザイン性において⾼い評価を得ています。


【STUDIOでの連携方法】

STUDIOサイトにチャネルトークを埋め込むのはとっても簡単。まずチャネルトークのサイトからアカウントを作成し、チャット設置用のPlugin Keyを手に入れましょう。

1. channel deskの左下にある設定ボタンをクリックし、設定画面に移動してください。

2. 設定画面のメニューでプラグイン管理をクリックします。

3. プラグイン名の隣にある編集ボタンをクリックしてプログインに名前をつけましょう。使用するページやプラットフォームに合ったプログインの名前を入力してください。入力後、新しいプラグインを作成をクリックすると、新しい導入用コードが作成されます。

※「プラグインのインストール」タブでは、WebやAndroid、iOSそれぞれに対応したコードを見ることができます。


【STUDIOプロジェクトに設置する】

チャット設置用のPlugin Keyを受け取ったら、STUDIOのプロジェクトダッシュボード、Appsのページにいきましょう。

Appsの中から、Channelの編集をクリック。すると先ほどのPlugin Keyを入力する画面が表示されるので、Plugin Keyを貼り付けて保存しましょう。

保存が完了したら、公開ボタンを押して「更新」をするのをお忘れなく。

設定が完了すると、このようにサイト右下にチャットボタンが表示され、ここからいつでもユーザーをチャットが出来るようになります!

Did this answer your question?