STUDIOのApp機能には「Google タグマネージャー」があります。このタグマネージャーAppを活用すれば、たいていのコードの埋め込みが可能なので、まだ正式でサポートしていないツールの導入やJavascriptの埋め込みなどを行う事が出来ます。

GoogleタグマネージャーのIDを取得

タグマネージャーを利用するには、こちらからアカウントの作成をし、そしてコンテナを作成しましょう。

コンテナには設置したいサイトのドメインと、タイプは「ウェブ」を選択しましょう。

詳しいタグマネージャーの使い方は「タグマネージャー 使い方」で検索してください。

コンテナを作成すると、このような画面が出ます。このコードの中の「GTM-XXXX」となってる部分がIDなので、そこをコピーしましょう。

STUDIOのプロジェクトでIDを設置

IDを取得したら、STUDIOのプロジェクトダッシュボード画面にいき、Appsをクリックします。(Appsを使用するには、Publishプラン以上にアップグレードする必要がございます。)

AppsにあるGoogle Tag Managerの編集をクリックします。そうすると先ほどのIDを入力する画面が表示されるので、ここに先ほどの「GTM-XXXX」のようなIDを入力して、保存します。IDの設定が完了したら、更新をした事を確認してください。

これで完了になります。

正常に機能しているかの検証方法

タグマネージャーのワークスペースで、公開ボタンの隣にある「プレビュー」ボタンで正常にタグが埋め込まれているか、機能しているかの検証が出来ます。なので、プレビューをクリックした後に設置しているサイトに行きましょう。そこでリフレッシュしてみて、このような検証パネルが表示されればちゃんとタグマネージャーは埋め込まれています。(出ない方はどこかの設定間違ってる or Adblockなどの拡張機能が邪魔している可能性がございます。)


Did this answer your question?