RSS埋め込み機能を使い、noteなどの外部サービスの記事リストをSTUDIOで作成したサイトに表示することが可能です。一度RSSボックスを設置すると、外部サービスでの更新がSTUDIOサイト上のリストにも反映されます。

RSSの配置

noteやRSS取得サービスで任意の記事リスト(ユーザー・マガジン等)のRSSリンクを取得し、エディター左の追加パネル RSSメニューの「新規RSSを追加」をクリックします。

noteのRSS取得方法はこちらで解説しています。

noteのRSS設置方法 | STUDIO U

RSSリンク入力欄が表示されるので、取得したリンクを入力し「OK」をクリックします。

追加したRSSのサンプルボックスをスクリーンにドラッグ&ドロップし、カードの表示数やデザインを自由にカスタマイズします。

変数データの紐付け

RSSのサンプルボックスを配置すると、デフォルトでカバー画像や記事タイトル等の、カードごとに異なる変数データが紐付けられています。

これらのデータは、RSSの持っているデータの中から自由に変更が可能です。紐付けられているデータの設定・変更は、ボックス設定パネルを開いて行ないます。

また、表示するデータに対して日付をフォーマットしたり表示する文字数を指定することができます。

詳しくは、こちらでご確認ください。

プロパティの文字列フィルタ | STUDIO U

サンプルボックスの更新

公開サイトではRSSボックスは都度最新の状態を読み込んで表示しますが、エディターやライブプレビューでのサンプルボックスの表示内容の更新には手動での操作が必要です。追加パネル RSSメニューにて、更新ボタンをクリックします。

RSSデータの切り替え

RSSは最大3件登録でき、左上のチップをクリックして表示される設定パネルで登録しているRSSの切り替えができます。

回答が見つかりましたか?