💡 この機能は、有料プラン契約プロジェクトでご利用いただけます

サーチコンソールとは、Google検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できるサービスです。

サーチコンソールを使うと、ページのクリック数、クリック率や検索順位、ユーザーが検索時に入力する単語(クエリ)などがわかります。

サイトを訪問したユーザーが何のワードで検索しているのか、サイトの検索順位を下げる不具合が発生していないか、などのSEOに関わる重要事項を簡単にチェックできるため、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できます。

サーチコンソールを登録する手順

サーチコンソールの登録には、Googleアカウントが必要です。AdWordsやGoogleアナリティクスのアカウントがすでにある方は同じアカウントを使いましょう。

ここでは、STUDIOの外部Appsで登録する手順を紹介します。

1)STUDIOで作成したウェブサイトのドメインをコピーします。

2)サーチコンソールにアクセスし、「今すぐ開始」をクリック。Googleアカウントでログインします。

3)ログインすると、プロパティタイプを選択の画面になる。(既になにかプロパティがある人は、「プロパティを追加」をクリックすると表示される)このURL prefixという方で、ドメインを入力。

4)URLを入力すると、所有権の確認方法の画面にいくので、HTML tagを選択。そこで表示されるコードの content="xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"xxx の文字列をコピー。

5)STUDIOのプロジェクト内ダッシュボードの「Apps」を開き、Apps内から「Google Search Console」を選択します。文字列を入力する欄が表示されるので、先ほどコピーした文字列を貼り付けて保存しましょう。

6)再度Google Search Console画面に戻ります。そして「確認」をクリックするとSTUDIOのウェブサイトの所有権が確認されたという文言が表示されます。

7)設定完了後、データがある程度蓄積されたタイミングで、Google Search Console上からウェブサイトのパフォーマンスを確認できるようになります。

※ (3)で「URL プレフィックス」ではなく「ドメイン」を利用する場合、STUDIO自体には対応できる機能がないため、「DNSの確認」による認証をお試しください。そちらで認証した場合、STUDIOの外部Appsへの登録は不要です

回答が見つかりましたか?