埋め込みボックスの基本的な使い方については、こちらをご覧ください。

YouTube動画の埋め込み

STUDIOでは動画を直接アップロードすることができませんが、YouTubeやVimeoにアップロードした動画をサイトに埋め込むことができます。

Youtubeボックスのボックス設定パネルには、動画URL欄があります。ここに

https://www.youtube.com/watch?v=xxxx

という形式のYoutube再生ページURLを入力することで、任意の動画を埋め込みます。

https://youtu.be/xxxx という形式のURL(動画そのもののURL)を入力しても埋め込みがうまく行きません。必ず、動画ページのアドレスバーから再生ページのURLをコピーしてください。

自動&ループ再生させる

「動画URL」欄を使って簡易的に埋め込んだYouTube動画には、再生ボタンや再生バーが表示されます。

代表的なカスタマイズ例として、これらを非表示にし、動画を自動再生&自動ループさせる埋め込みコードの形式をご紹介します。

(YouTubeロゴは消すことができません)

xxxxの部分2箇所を、埋め込みたい動画のID(URLのwatch?v=xxxxの部分)に置き換えて、「埋め込みコード」欄に直接入力してご利用ください。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/xxxx?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0&amp;autoplay=1&amp;loop=1&amp;playlist=xxxx&amp;mute=true" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

※mobile端末でのYouTube動画の自動再生は、YouTubeの仕様により制限されており、STUDIOでは実装できません。YouTubeの自動再生はデスクトップ端末のみに対応しております。

video play mp4 mov

ビデオ ムービー

回答が見つかりましたか?