STUDIOで作成したサイトにドメインを接続しようとした時、例えばexample.comというドメインを使う場合

のどちらか一方を選ぶ必要があります。

しかしGoogle Domainsをお使いの場合は、リダイレクト設定を使って、wwwあり・なしどちらのパターンのURLも有効にする事ができます。

こちらの記事ではリダイレクトの設定方法を解説いたします。
※Google Domainsでドメインを取得された方のみ可能です。

💡リダイレクトとは:

ウェブサイトにおけるリダイレクトとは、ウェブサイトの閲覧において、指定したウェブページから自動的に他のウェブページに転送されること。URLリダイレクトとも言われる。 通常はウェブページのURLが変わったときに、元のURLから新しいURLへ誘導するときに用いられる。(Wikipedia)

Google Domainsでのリダイレクト設定方法

  1. Google Domainsのログイン画面にアクセスします。
  2. ドメインを取得したGoogleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。
  3. [マイドメイン] からSTUDIOに接続したいドメインを選択します。

 4. [DNS] を選択し、一番下までスクロールしてください。

5. 合成レコードの欄にて、「サブドメインの転送」を設定したまま、サブドメインの欄にwwwを入力します。

6. ターゲットURLの欄ににSTUDIOに接続しているURLを入力します。

7. 下にある項目を皆様それぞれの要望に沿って選びます。
項目の意味についてはこちらをご参照ください。特に要望がない場合は、下の動画の様に、一時的なダイレクト、パスを転送する、SSLを有効にするを選択してください。

8. 追加ボタンを押してください。ボタンを押し終わるとエラーは出てきますが、時間が立つとエラーは消え、正常にリダイレクトされます。

これで完了です。

Did this answer your question?